ウツむきノート - うつ回復を目指す人生の旅

『うつ病』で休職⇒療養中の筆者が『うつ』と『むき』あう中で見つけた、健康や回復につながる方法と、その他マメ知識を発信していきます。

うつ病を何度か経験して療養していくうちに変わったこと

   

 

うつ病は甘えなの? いいえ、甘えられないから鬱になるんです。

 

うつ病になる人は、「他の人に甘えられない」「自分で何とかしなければ」と何でも自分の中で抱え込んでしまうぐらい責任感が強い人が多いとよく言われています。

 

あるいは、周りの人に頼ることも打ち明けることも環境が許してくれず、結果的に自分の中で全て抱え込むことになってしまった人がなってしまうケースもあります。(私の場合は後者)

 

うつ病は甘えというのもよく聞く言葉ですが、それは実際になったことがないから言えるのであって、むしろ「うつ病は周りを頼りたくても頼れなかった人がなるもの」であると私自身の経験からも言えます。

 

例えば、組織内での仕事でいえば、誰かに力を貸してもらったり、相談することで本来分散出来るべきものであるはずのストレスが全て自分に降りかかってくるわけですから、その影響は並大抵のものではないということは、わかりますよね?

 

それがたまに起こる程度であれば健康な人やもともと耐性の強いかたであればまだ跳ね返すことは出来るかもしれません。しかし、それが毎日のように続いたとしたら・・・どうでしょう?

 

それができればわけないよ、っていう話なんですが、それさえも許されない環境ってやっぱりある。なにかを言ってみたところで「人のせいにするな」「誰のせいでもないから」と流される。それで諦めざるを得なくなって誰にも相談できなくなる。

 

いくら耐性が強かったとしても、健康であったとしても、徐々に体や心は蝕まれていきます。それが徐々に不眠、途中で目が覚める中途覚醒、起きたい時間よりも早い時間に目が覚めてしまう早期覚醒、会社に行きたくなくなるなど、体や精神面の異常として現れてくるんですね。

 

そして最後は、

 

・朝起きないといけないことは分かっていても体を起こすことが出来なくなる

・仕事を休む連絡すら激しい動悸に襲われて出来なくなる

・喜怒哀楽のほとんどが失われる(”の部分しかないんじゃないかというぐらい感情表現もうまくできなくなる)

 

といった具合に、脳と体が切り離されているかのような状態になります。

頭では分かっていても身体が動かないか、体が脳の下す指示に追いつかない状態になるので生活するのにも支障が出てくることになるんですね。

 

それだけでなく、

 

・なにをするにもやる気が湧かなくなる、またはそれをやるだけの気力がなくて取り組めない

・そもそも体が重くて外を出歩くのすらひと苦労

・電話が鳴るのすら怖くなる (声が震えるほどの動悸がする)

 

これでもまだほんの一部でしかないですが、もはや精神論でどうにか出来るものではないですよね。 これ、ほんとに甘えなんですかね? 私はそうは思いません。

 

うつ病になってから変わったこと

 

どうすることもできず自分の中に抑え込み続けた結果、ものすごく膨れ上がった風船が破裂してしまった。その衝撃を一気に受けたような状態、それがうつ病なのですが・・・

 

じゃあそんなうつ病を何度か経験して、さらに療養を重ねていくうちに自分の考えにどんな変化があったのか、それを今回は書いていこうと思います。

 

自分を大切に出来るようになった

 

環境の影響も大いにあるとはいえ、「相談したところで結局どうなるわけでもないし、それなら相談しなくたって同じ事」となにも言わなくなって、それでストレスが蓄積していって・・・という悪循環からなってしまったうつ病。

 

うつ病になる前は周りのためにということを考えるあまり、自分のことは二の次になっていたように思います。

 

ですが、うつ病の寛解と再発を何度か経験していくうちに、自分自身に対する接し方が明らかに変わりました。

 

・「私は私、あなたはあなた」と周りから言われることに振り回されなくなった

・誰かから何かを言われても、「ふーん、そういう考え方もあるんだろうね。(まあ今の私はこう思うだけだけど)」と割り切れるようになった

・なにかを引き合いに出されても「それはそれ、これはこれ」と、言うべき時には正直に言えるようになった

・自分がいないことには自分の人生ではないから、「最優先事項:自分」にできるようになった

・本能や直感に従えるようになった

 

と、挙げ出したらキリがないですが、自分のなかに溜めこんだり、自分をないがしろにすることは以前と比べると圧倒的に減りました。

 

うつ病の再発を何度か経験するにつれてエネルギーのポテンシャルが下がって以前のようにアクティブに動くことは出来なくなりましたが、自分の人生において一番大切なことに気が付くことができたのは大きいと思いました。

 

大人になってから性格や価値観を変えることは難しいですが、一度どん底を経験してみると、どん底の中から今まで見えていたようで見えなかった大切なものを見つけられるのかもしれません。

 

体には代えられないということを身をもって理解した

 

お金も大事。

仕事も大事。

人間関係も大事。

 

でも体には代えられない。

 

そのことにやっと気が付くことができたのは4回目のうつ病の再発を経験してからでした。

 

お金を稼ぐのも、仕事をこなすのも、人間関係の選択も維持も、自分の体と心なくしてはできないこと。

 

体がキツいと感じたら一旦休憩を入れる。

疲れている、体が重くなってきたと感じたら今日はもう休もうと割り切る。

考える時間が必要なら今やってることを一旦止めて、ボーッとする。必要なら一旦寝て頭の中を整理。それから考える。いずれ降ってくる思いつきに任せる。

 

 

お金はあとから取り返せる。でも、前の自分の体はもう取り返せないんです。

人間の精神は成熟することはあっても、体は老化の影響を受けます。無理も無茶も老化を早めます。

 

自分のコントロールが利く範囲にとどめる。これも以前の私ではできなかったことですが、あくまでも自分が主役な人生では大切なことだと思います。

 

前よりはっきり主張するようになった

 

自分を抑え込んでいたことで自分の体に負荷がかかって、限界を迎えたのがうつ病。うつ病と向き合いながらなにが原因だったのかを突き詰めていくにつれて、環境による原因の他に、「自分を抑え込んでいたこと」が原因としてありました。

 

自分がなにか言っても「人のせいにするな」「あんたがいけないんでしょ」、

「分からないことがあったら聞いて」と言われたのにいざ聞いてみたら「いちいち聞くな」「そんなことも分からないのか」

 

「じゃあどうしろっていうのよ」って思う理不尽の数々。ありますよね。

 

でも、うつ病から徐々に立ち直っていくにつれて、いろいろな人から助けてもらいながら行き着いた結論があります。

 

 

「もう包み隠さずはっきり言ってぶつかっちゃえばいいんじゃない?」

 

 

もちろん、いつもズバズバ言い過ぎるようではトゲがありすぎるので近寄り難いイメージを与えてしまいますが、私が言いたいのは「我慢ならない時、言うべき時には遠慮することはない」ということですね。

 

言いたい事ははっきり言ってしまって、それで離れていくのならその程度の関係だったと思えばいい。これも自分を守るためです。体力もストレスを跳ね返す力も以前ほどなくなってしまったのであれば、ストレスへの向き合い方を変えて補うというわけですね。

 

出る杭は打たれるといいますが、出過ぎてしまえば「あの人はそういう人だから」と逆に打たれなくなるというのはよく言われている話でもあります。

 

言う時ははっきり言う人であっても、それが感情に任せたものでなく、的を射ていることなのであれば「あの人は言い方はちょっと厳しいかもしれないけど、言っていることは正しい」と納得できますよね?

 

自分をしっかり持っている人であるならファンもついてくれるし、ついてきてくれるもの。ということで私ははっきり言うべき時は衝突を恐れずに言う事にしました。

 

これも自分を何度も限界まで抑え込んでしまったからこそ思いきれるようになった、一種のショック療法なのかもしれませんけどね()

 

人間関係を整理できるようになった

 

私達が変わるのと同じで、人間関係も変わっていきます。

もちろん、長い付き合いになる人も中にはいますが、時々「あ、この人となにか噛みあわなくなった」と感じることもあります。それはあなたの中のなにかが変わったサインでもあります。

 

それが続くようならその人との関係から卒業する時がきたということかもしれません。

 

「もうこの人にはついていけない」「もうこの人とは合わない」と沸々思うところがあるなら、思い切って関係を切ったほうがいいでしょう。

 

それに、人間関係にも上限があります。いつまでも同じ人達とずっと一緒にいようとすると、新しい人達が入ってこなくなるので、どこかのタイミングで取捨選択が必要になる時が来ます。

 

また、最近では「つながる」ということが簡単になりましたが、だからこそその「つながる」ことを選ばずに、あえて一期一会とすることも時には必要なのではないかなと私は思います。

 

出会いというのは別れる前提があって起こるもの。

その出会いの中であなたになにかをもたらしたのであれば、それはあなたの人生にとって意味のある出会いだったということ。

 

一期一会に感謝をしながら別れる。

学びに感謝しながら新しい出会いのために、卒業するべき人間関係は卒業する。

自分が自分であるために、切るべき人間関係は切る。そして新しい人間関係、新しい自分の人生に踏み出していく。

 

もちろん、大切にするべき人間関係はその時がくるまで大切にしましょう。

人間関係は宝です。自分自身と同じく、あなたの人生を彩る、何物にも代えられない大切なものです。

 

最後に

 

結局のところ、人間はいつ死ぬか分かりません。それこそ明日かもしれないし、今日かもしれない。

 

それに、自分あってこその人生なので自分を抑え込んでしまってはどうにもならない。

時には我慢も必要かもしれないけど、せっかくの人生、後悔のないように自分に正直に生きたい。

自分の直感や感性に素直に生きよう。

 

その思いにようやく気が付くことが出来たように思います。

 

大人になってから変わるのには相応のショックが必要なようです。

大きな一歩を踏み出すための脱皮ができる。そのために必要な時間。

それがうつ病というショック、そして療養期間なのかもしれません。

 

うつ病は一生のなかでみんなが経験することではない。

 

ということは、今うつ病と向き合っているあなたにとって、それはチャンスでもあるのかもしれません。

 

自分に素直に、気ままに、猫のように生きてみよう

 

hinatabokko



スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - うつ病について