ウツむきノート - うつ回復を目指す人生の旅

『うつ病』で休職⇒療養中の筆者が『うつ』と『むき』あう中で見つけた、健康や回復につながる方法と、その他マメ知識を発信していきます。

寝ていると自然となにかがやりたくなってくるという話

   

waking-up2

 

睡眠に勝るエネルギー回復法はない、という話を前回の記事で紹介しました。

 

うつ病に限らず、体の再生・治癒に一番必要な休息、睡眠。

 

短時間の睡眠はよっぽど眠たくなくて自然と起きてしまったという場合でない限り、あまりいいものとは言えません。

 

今はよくても、後々そのツケを老化や病気という形でまとめて払うことになる・・・ 

ということもそうなんですが、私も実際病気のひとつを抱えている身であるため、睡眠はしっかり取るべきという考えに今も完全に寄っています。

 

とはいうものの、中には思うように睡眠が取れなくなって悩んでいるかたも一定数いらっしゃいます。かくいう私もその一人。

 

段階を踏んで変わっていく睡眠障害

 

うつ病と併発することの多い睡眠障害の中に、不眠症と過眠症があります。

どちらもその名の通りで、不眠症は「眠りたくても眠れない状態」で、

過眠症は「眠り過ぎなぐらい眠ってしまう」または「眠りたくなくても眠ってしまう」状態のことです。

 

今回はどちらかというと過眠症にスポットを当てたお話になります。

 

眠りすぎている気がするんだけど、これって大丈夫?

 

うつ病で薬を飲みながら夜の睡眠が取れるようになってくると、うつ病の初期症状のひとつである不眠症と入れ替わるように、過眠症が現れることがあります。夜だけでなく日中も続けて長い時間眠ってしまうような状態ですね。

 

「必要以上に眠り過ぎてしまうんだけど・・・これでいいのかな・・・」と悩んでいるかたも多いのではないでしょうか。

 

 

大丈夫です。

 

 

それだけ体がエネルギーの回復を必要としているということなので、今はその身体の声に従ってゆっくり休みましょう。むしろ眠れるのであればそれはいいことです。

 

なぜなら、今まで眠れなかったのが今度は眠れるようになってきているというなによりの証拠だからです。

 

短時間・中時間の薬を夜に飲んで寝ると、次の朝には薬の効果も引いているか大分薄れていることがほとんどですが、日中目が覚めた後もそのまま続けて寝てみると、夜ほど時間が長くないにしても意外と脳も休まっていると感じたりするのです。

 

今まで不眠症で眠れなかった分をこの段階で補っていると同時に、後々薬を飲まなくても自然に眠れるようになる時に備えての練習、リハビリを今しているんだと思えばいいんです。

 

 

本当は起きてあれをしたい、これをしたい、ということが頭に浮かんでいるかもしれません。

 

 

でもとてつもない重力がかかっているかのようで起きられない・・・

まるで布団から出る理由がないといわんばかりに身体が起きてくれない・・・

なぜか知らないけどとてつもない眠気があって起きていられない・・・

 

 

もう一度言います。それでも大丈夫です。

その身体の声、本能に従って、気の済むまで休んでください。

(ただし、お薬は夜寝る前にしっかり飲むようにしましょう。)

 

ずっと寝ていると意欲も回復してくる

 

不思議なもので、ずっと寝ていると今度はこういう気持ちが浮かんできます。

 

 

「そろそろ起きてみようかな~・・・うーん・・・」

 

「そろそろ○○やってみようかなあ・・・体痛くなってきたし、その前にちょっと起きようかな・・・」

 

 

と、あるタイミングでどっこいしょと体を起こしたくなるんです。

そう、ずっと寝ているとある段階で何かがしたくなってくるんですね。

 

 

とりあえず起きたい。

とりあえず起きて○○しようかな。

 

 

一見、なんでもなさそうに見えますが、うつ病で悩んでいる人から見ると、これって結構な進歩だと思いませんか?

 

 

考えてみてください。うつ病って「なにもしたくない」っていう何をする意欲も湧かない状態、または気力がない状態が続くのが主な症状ですよね?

 

そのはずが、一時的にであったとしても、寛解するまでにまだ時間が相当必要であったとしても、なにかしようと自分がこの瞬間に思っている。

 

そう、この時点でリハビリの第一歩を踏み出せているんです。01になった。これってすごいことなんですよ。

 

 

今はエネルギーレベルが相当下がっている状態かもしれない。だから起きてちょっとなにかをしただけで疲れてしまうかもしれない。でも今はそれでも大丈夫です。

 

これを1ずつ積み重ねていったら10になって、いつか100になっている。それがさらに重なれば1000になる。

 

こうやって出来ることを少しずつ増やしていけばいいのです。

 

ある時は割と元気で10できる時もあるかもしれない。でもまたある時は1しか出来ないっていうこともあるかもしれない。

 

それでもいいんです。できない時は1だけにしてあとはゆっくりするだけにしておくか、思い切って休めばいいんです。

 

起きた後に眠たくなってきたら、また眠ったっていいんです。続きはまた起きたあとでもいいんです。

 

一日でパッとできるようになることではないので、ベビーステップであってもそれを少しずつ積み重ねていけばそれでいいのです。

 

あなたに起きている最高の変化

 

そしてなによりも、ペース配分を考えられるようになったあなたには一番大きな変化が起きています。

 

 

それはなにかというと、

 

 

自分の体の声を聴けるようになった、ということです。

 

 

「自分の体(本能)が休めといっているみたい。ちょっと疲れてるし、横になろうかな・・・」

「なんか眠たいな・・・今日はもう寝ようかな」

 

 

という自分の声に今までよりも素直になれている。

そう、自分の体のことを以前よりも大切に出来るようになっているんです。

 

 

病気になる前はそれが出来ているようで出来ていなかったりします。むしろ体の声を無視してしまうことがほとんど。

 

「まだ大丈夫」

「他のひとだってこれぐらいやっているから大丈夫でしょー」

 

結果、無理を通して夜更かししたり、あれこれ背負い込んだりして自分の体に鞭を打ってしまうのです。

 

そのことを思ったら、今のあなたは自分のことを前よりも遙かに大切に出来ている。これだけでもすごい変化です。

 

 

眠れなかったのが薬の力を借りながらでも眠れるようになったこと。

 

長い時間眠れるようになったこと。

 

超がつくぐらいの長時間の睡眠からであっても、ちょっと起きてみようかなと思えるようになったこと。

 

早めの時間に眠気がくるようになって、午前中に、または早めの時間に起きることがたまに出てくるようになった。

 

 

長い間できなかったことができるようになってきている。

それはとってもすばらしいこと。喜んでいいことなんです。

 

 

少しずつ、一段ずつ階段をのぼるように段階を踏みながら、前に進んでいきましょう。

私も今まさにその1を積み重ねている段階にもう一度来ています。あせらず、くさらず、ひとつずつ。

 

 

あなたの今日の一歩に最大級の喜びを。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - うつ病について