ウツむきノート - うつ回復を目指す人生の旅

『うつ病』で休職⇒療養中の筆者が『うつ』と『むき』あう中で見つけた、健康や回復につながる方法と、その他マメ知識を発信していきます。

食事は心とカラダの健康のモト! 摂取するものにこだわってみよう

   

ひょっとしたらあなたのその不調、食べ物が一因になってるかもしれませんよ?

 

食事は自身の心と体の源です。

体調を崩して以降、摂取するものに気を使うようになってから、心身の状態も安定するようになってきました。

体がなんとか動くようになってきたら今度は体に取り入れるものに気を遣ってみることを強くオススメします。

 

というのも、私達の体は今まで体に取り入れてきたものから出来ています。

そして今日取り入れたものが明日のあなたの体を作り、明日のあなたの食事が明後日のあなたを作る。

それが積み重なっていき、来月、来年と、未来のあなたが形成されていきます。

 

また、体の状態は心の状態とリンクしていて相互に作用するので、体のメンテナンスをすることは心のメンテナンスをすることにもつながります。

 

 

当然、スーパーやコンビニに溢れている添加物まみれの、カラダに悪いものを摂取し続ければ体力も衰え、病気のリスクも上がりますし、精神状態もそれに引っ張られるように悪くなってしまいます。イライラしやすくなったり、だるい気分が抜けなかったり、いろいろ・・・

 

添加物などの危険に関してはいずれまた別の記事で触れようと思いますが、スーパーやコンビニで売られているパン類や弁当類をはじめ、ジャンクフード(牛丼屋などの安価チェーン店を含む)全般は、カラダにとって害になるものしか入っていないのです。だから安いのです。

 

ランチパック、マーガリン、市販の食パン、ファストフード店のポテトフライなどはまさにその典型といえます。『安かろう悪かろう』がそのまま形として表れているも同然の、本来口にしてはいけないものなのです。

インターネット上にも添加物の危険性に関する情報が溢れていますし、それに早く気が付いて認識を改める事が出来ればその影響を最小限に留める事が出来るのです。

 

それでは、これからどのように気をつけていけばいいのでしょうか。

その事について今回は書いていきたいと思います。

 

 

無添加・無農薬・天然由来の製品を探す

 

organic-vegetable

 

無添加、有機無農薬、天然由来。

食べものも飲みものも、自然で優しい味わいに勝るものはありません。

栄養もたっぷりで、体に優しくおいしいのでカラダも喜び、心でも至福のひと時に浸ることが出来ます。気持ちも前向きになっていきます。

 

人工の食品添加物はスーパーやコンビニにあるもののほとんどに含まれています。

普段から意識を向けている人こそあまり多くないものの、添加物や農薬など、本来人間が口にしないものを間接的にであっても摂取し続けていると、体力の減退や病気となってある時に一気にツケがまわってくるのです。蓄積されて一気にくるのは『うつ』と同じです・・・

 

逆に言えば、添加物の入っていない無添加の食べ物や飲み物、あるいは天然由来のもののみを使用した製品に早い段階で関心を向け、そちらにシフトしていく事でより健康な心とカラダを手に入れる事も可能になるということでもあります。少なくとも、体の状態の劣化を遅らせることが出来ます。

 

長い目で見れば、自分の心身の状態を大きく改善させることにもつながります。

 

これを機に有機野菜や無添加食品の自然なおいしさ、オーガニックハーブティーなどによる体内環境のデトックスをはじめてみてはいかがでしょうか? マクロビオティック生活や自炊をはじめてみるのもいいかもしれませんね。

 

食材の種類に応じた専門店で買ってみる

 

Vegetable

出典: http://www.yaotomi831.jp/

 

せっかくこだわるなら、ここはひと手間かけて専門店を探してそこから買ってみましょう。

 

野菜なら八百屋さん。

お肉ならお肉屋さん。

天然酵母のパンなら自然派のパン屋さん。

オーガニック製品なら完全天然由来製品に特化した自然派のお店。

 

スーパーでひとまとめに買えるのなら確かに楽ではありますが、スーパーは悪く言えば器用貧乏です。

 

野菜を例にとっても、スーパーで扱っている野菜と八百屋さんで扱っている野菜はレベルが違います。

 

スーパーで扱っている野菜や果物は形こそ整ってはいますが、最近では輸入品も多く、必ずしも安全とは言い切れないのが現状です。グレープフルーツなんかは『防ばい剤』なんていうものまで使われていて、実はスーパーはいろいろスゴいものを平気で置いてるんです。

一方、八百屋さんは野菜のスペシャリストなので当然目利きのレベルも段違いです。形に少々難はあったとしても、「本当においしい野菜とはなにか」をよく知っているので扱っている商品も厳選されています。(しかも味と品質を考えたら妥当なお値段)

 

八百屋さんのような特化型のお店が無くならない理由のひとつはそこにあります。

 

不思議なもので、こういうところにこだわり始めると、市販されているものはあまり買わなくなってきます。ネット上でも、少し手間をかけて探して初めて見つかるようなところほど、本当のいいものを置いていたりするのです。

 

お肉とかはさすがに難しいかもしれませんが、有機野菜やその他オーガニック商品はネットで注文出来るところも最近では増えてるので、そこから始めるのもいいと思いますよ。

 

信頼出来る材料を厳選しているお店を探す

 

healthy meal

出典: http://co-trip.jp/article/8023

 

食材の種類に応じた専門店で買ってみるに関連していますが、その中でも原材料にこだわりを持って作っている、またはそうした手間をかけて作られたものを扱っているお店を選びましょう。(意外と近くにあるのに素通りしていたりするかもしれません。)

中には、食材や飲料にもこだわり抜いて、有機野菜や手作り食材を使った体に優しい食事を提供してくれるお店もありますので、外食をする場合はそういうお店を贔屓にするといいでしょう。栄養満点で体も喜ぶし、お気に入りのお店も増えるしで一石二鳥です。

体を動かせるようになって、散歩してみようかなというぐらい気が向いてきたら、近場でそういうお店を探してみるのも楽しくていいものですよ!(私も最近行きつけのお店が出来ました。)

 

今日からあなたも食の探究者に!

 

いかがでしたでしょうか。

体に取り入れるものにこだわることで、心と体の両方に革命が起こり始めます。

 

 

『健全なる精神は健全なる身体に宿る』

 

 

という言葉もあるぐらいです。

 

デメリットとしては、値が少々張ることと、これにこだわり始めるとスーパーやコンビニでほとんど物を買えなくなるという地味な悩みがついてきます。実際、私が現在コンビニから買ってるものは天然水、牛乳、無糖ヨーグルトの三点だけです。

しかし今はインターネットで検索すればオンラインショップも結構出てきますし、Amazonや楽天市場に店舗を設けているところもたくさんあります。そこで注文して届けてもらえばなんということはありません。

 

  • カラダが喜び、気分も前向きになる。
  • 長期的に見て体の調子が良くなっていく。(長寿につながる)
  • ネットで注文すればよいだけなので買いにいく手間も省ける。(体力が不足しがちな療養中には特にありがたい。)

 

自分の健康が全ての源ですし、それにつながるのであればそこにかけたお金は『消費』ではなく『投資』になります。いいことしかありません。

 

もちろん、その上で『安さ』を追求するのも悪くはないですし、

添加物そのものを完全にシャットアウトすることは現代では難しいです。

 

なので、「いかに添加物を多く含むものの自主的な摂取を抑えて、かつ体が喜ぶものを意識的にたくさん取り入れていくか」という意識改革が大事なのだと思います。

 

食生活が偏っていたかもと感じたそこのあなた!

この機会に、自分自身に投資する意味でも、少しお金をかけて摂取するものを一新してみてはいかがでしょうか。

 

自然の力が体質と症状の改善に力を貸してくれるはずですよ!



スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - 健康のヒント