ウツむきノート - うつ回復を目指す人生の旅

『うつ病』で休職⇒療養中の筆者が『うつ』と『むき』あう中で見つけた、健康や回復につながる方法と、その他マメ知識を発信していきます。

テシプール錠(1mg)の使用感について

   

 

今回は私が服用しているお薬のひとつについて書いていこうと思います。

 

現在私が服薬しているのは、睡眠導入剤のひとつである『レンドルミンD錠 0.25mg』と、

四環系抗うつ薬として知られている『テシプール錠1mg』というお薬です。

 

詳しい情報はネット上でもいろいろなところで書かれているので、ここでは割愛して、

概要と実際の使用感を書いていきます。参考になれば幸いです。

 

テシプールについてのかんたんな概要

 

tecipul

 

一般名は『セチプチリンマレイン酸塩錠』というそうです。

テトラミドという抗鬱剤をもとに開発された四環系抗うつ剤で、それを持田製薬がテシプールとして発売したものです。

 

主な効能としては、脳の神経の情報を伝える物質、通称『ノルアドレナリン』の働きを活性化させ、気分を和らげたり、意欲の向上を促してくれるお薬とのことです。

 

ただ、抗うつ剤そのものとしての効能は他の抗うつ剤と比べるとやや軽めの部類に入るとも言われているようで、他のお薬(例: 睡眠導入剤)と一緒に処方されることが一般的のようですね。

 

睡眠障害に悩んでいるうつ病の方や軽度のうつ状態にある方、またはある程度回復しつつある方へ処方されることがあるとの事。

 

症状によって用量と服用頻度は多少異なるかもしれませんが、私の場合は、就寝前に1錠を睡眠導入剤と一緒に服用しています。

 

 

副作用について

 

薬局で一緒に受け取った調剤の概要には、

 

眠気、口の渇き、めまい、ふらつき、脱力感、不眠、手足の震え、頭痛、発疹、尿が出にくくなる、食欲不振

 

などが考えられる副作用として挙げられています。

眠気と不眠が同じ副作用の中に入っているのは少々謎ですが(笑) それにはつっこまないでおくとして・・・

 

このうち、私が感じた副作用はやや強めの眠気と、ふらつき、脱力感でしょうか。

また、服用を開始した最初の数日間は、一時的に『体が少し重く感じるような鈍いしびれ』『体の動きが鈍くなる』『思考の鈍化 (頭がボーっとする)』を副作用として顕著に感じました。

 

仮に日中に服用する場合は少し注意が必要かもしれませんが、私のように就寝前に服用する場合はそこまで気にする必要はないと思います。

 

服用時の注意点

 

このテシプール錠を口の中に含んだままの状態、または舌の上に乗せたままにしていると、徐々に感覚が麻痺してきます。なので服用する時はすぐに水と一緒に飲むようにしましょう。

 

また、服用した直後に横になると、体内でピリピリしたようなしびれを感じる事がありました。体が重くなるような感覚や鈍いしびれはこの作用からきているのかもしれません。この事から、服用して少しの間は体を起こして座っておくといいでしょう。

 

また、空腹の時は胃にも負担がかかるので、晩御飯は少しであっても食べておいたほうがよさそうです。もしくは、私が時々やっている方法ですが、ホットミルクを飲むことで胃に膜を張ると同時に、トリプトファンも摂取できる(睡眠の質の向上の手助けもしてくれる)ので、温かい牛乳を飲んだ後に服用するのも負担を緩和するのにはいいかもしれません。※個人差があるのであくまで参考として。

 

テシプールを服用するようになってからの変化

 

テシプールの服用を始めてしばらく経ちましたが、このおかげなのか、何かに取り組む意欲も徐々に回復してきており、抑うつ状態でほとんど動けないということはなくなってきたように思います。

 

また、副作用の眠気を逆手に取っての事なのか、睡眠導入剤と併せて服用することで、途中であまり目を覚ますことのない、より深い睡眠を取れるようにもなりました。それでも何度か脳が起きたかのような感覚になることも時折ありますが、以前のように「目を閉じていても脳はフル回転している」といった覚醒状態が続くということは少なくなったように感じています。

 

最初は服用してから一時的に鈍いしびれのような感覚、体が重くなるような感覚があるかもしれませんが、慣れてくるとそれが軽くなってくると思います。翌朝まで効果が残っている、ということは今のところはありません。

 

ちなみに余談ですが、このテシプールはこちら(患者)からの希望がない限りはあまり処方されることのないお薬のようです。しかし私の場合、薬物療法を開始するにあたり、私が睡眠障害(入眠障害、中途覚醒)で悩んでいると現在の主治医に話したところ、主治医が一番最初に選んだのがテシプールでした。

 

これも医師によるのかもしれません(笑)

 

以上、参考になれば幸いです。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

 - お薬について